事例紹介

各種分野で包装のお手伝いをさせていただいています
豊富な包装材料の組み合わせで皆様に御提案させて頂いております

緩衝包装設計

被包装貨物を安全に輸送するための、緩衝包装設計

発泡樹脂

サンテックフォーム® 旭化成(株)

サンテックフォームTH®シリーズ 画像
サンテックフォーム®を
利用した低G値パット

サンテックフォーム®は
省資源・廃棄物削減を推進し、
環境保護に貢献します

  1. 再使用をすすめます。
  2. 使用量の削減を目標に緩衝設計します。
  3. リサイクルをバックアップします。
  4. 使用エネルギーの削減に貢献します。
主にこんなものを梱包します

あらゆる製品重量物から軽量物の緩衝材、精密部品や自動車工場などの通函として広範囲に利用されています。

サンテックフォームTH®シリーズ

サンテックフォームTH®シリーズ 画像
サンテックフォームTH®の
ヒンジ機能を利用したサイドパット

サンテックフォームTH®シリーズは独自の特殊スキン加工技術により、従来のサンテックフォーム®の緩衝包装材から切り貼り工程をなくし、しかもヒンジ部の大幅強化に成功しました。ヒンジ部分を包装現場で立ち上げるだけで緩衝包装材が得られる簡単設計です。

納期の短縮、加工コストや保管・輸送コストの大幅削減又、衝撃によるちぎれや列断を防ぐヒンジ部の大幅強化など、さまざまな利点が生み出され、軽量物はもとより、重量物の緩衝包装材としての使用も可能となりました。特殊スキン部と発泡部分は同一素材(無架橋ポリエチレン)ですので、リサイクルが容易にできます。

主にこんなものを梱包します

従来のサンテックフォーム®同様に緩衝材、表面保護材、断熱材、スポーツ用品、精密機器、電子機器の包装・梱包・通函としてユーザーの方々に高機能緩衝包装材として広く利用されています。

エルブロック
モジュールサポーター (特許出願中)

モジュールサポーター 画像
エルブロックEを利用したモジュールサポーター
各種サイズのモジュールに対応できます

 

 

  • 画面サイズは同じなのに厚みが違う
  • 厚みは同じなのに外寸が違う
  • 同じサイズなのに重さが違う

包装資材の共通化 小口出荷の対応に

溝幅は10・15・18mmを用意
カスタムも可能です。

ピーブロック成型品

ピーブロック成型品 画像

  • ピーブロックは世界で最初に開発された無架橋ポリプロピレン型内成型発砲体です。
  • ピーブロックはポリプロピレン樹脂の特性から耐熱性、寸法安定性、耐油性、耐薬品性に優れています。
  • 発砲ポリスチレン(EPS)は脆くて砕け易い欠点を持ちますがピーブロック(EPP)は強靭で繰り返しの使用に対してもヘタリが無く通い函等の用途に最適です。
  • 従来の型内発砲ポリエチレンに比較して、ほぼ同等の緩衝性を有する高発砲品が可能であり、軽量化が図れ流通コストの低減になります。
  • ピーブロック(EPP)は実質的に無架橋の発砲ポリプロピレンですので省資源、省エネルギー型でポリプロピレン樹脂として再利用を含めた処理が容易で焼却時の黒煙も少なく有毒ガスも無く焼却処理が容易です。
主にこんなものを梱包します

精密機器・光学機器・家電製品・医療器具・自動車部品・その他日曜雑貨など幅広くさまざまな分野で使用されています。

Pボード(無架橋ポリプロピレン板状発泡体)
Pボードの4大特徴

  1. 大変軽量です。
    現在物を作る上で軽量であるということは、それだけで大きな付加価値となります。
    Pボードは従来のPP製品に比べると超軽量です。
  2. 加工性に優れています。
    Pボードは加工性に大変優れており、従来やや困難だった裁断加工、抜き加工、熱成型加工などの初加工が容易にできます。
  3. 適度な緩衝性を持っています。
    Pボードは低発泡ポリプロピレン板や発泡ポリエチレンではカバーできなかった範囲の固さと緩衝性を持っています。
    そのため、従来では不十分であったり、その逆に過剰で使用できなかった分野での緩衝材として使用してます。
  4. 耐油・耐薬品・耐水性に優れています。
    100%ポリプロピレンで構成されていますので、他に耐熱性ヒンジ特性・易焼却性という特性もあります。
    また、独立気泡率が高いため保温・保冷・断熱材として使用することも出来ます。
主にこんなものを梱包します

Pボードは用途に合わせて各種取り揃えております。

Pボード ノーマル
適度な緩衝性を持ち各種仕切材、パット等に適してます。(導電もあります)

Pボード ハード
機械油や洗浄水の浸入も無く、重量物用の仕切材通函用資材に適しています。

Pボード ソフト
厳密な表面保護性が要求される塗装部品や光沢部品の運搬用仕切材として擦傷から製品を守ります。

 
メフ成型品

「メフ」と「発泡スチロール」(EPS)は共に金型成型による発砲体ですが、原料となる樹脂がポリエチレン(PE)・ポリスチレン(PS)と異なるため特性に差があります。

特に「メフ」は「発泡スチロール」と比較しますと…

メフ成型品 画像

  1. 割れ難い
  2. 欠けや傷つくことが殆どない
  3. 粉塵の発生が少ない
  4. 耐油性・耐薬品性・耐候性・耐熱性に優れている
  5. 水を吸収しないため洗浄可能等
が挙げられます。

 

上記の様な特性を活用し、繰り返し衝撃がかる用途(緩衝材)→包装才数の削減・繰り返しの使用(通函)→使用量の削減が可能です。

すなわち、「メフ」は割れない・欠けない・傷つかない
つまり、安心して使用できるということです。

主にこんなものを梱包します

精密部品・自動車部品等の通函として好適です。また、緩衝材として精密機械はもちろん、OA機器、音響機器、光学製品等の緩衝材として大きな効果を発揮してます。

ECM

ECM 画像

  1. 特殊な切り込み形状の厚板加工は、その原反使用量の大幅な削減(50%以下)を可能にし、省資源化に大きく貢献します。
  2. この大幅な原反使用量の削減は、同時に大きなコストダウン効果(30~40%)を得ることができます。
  3. 旭化成(株)のサンテックフォーム®の優れた緩衝性能は、もとより定評のあるところ。新企画のECMの緩衝性能は、サンテックフォーム®の一枚板使用の場合と比較して受面積の適正化をもたらし、更なる緩衝性の効率向上に役立っています。
  4. いったん使用したあと、再び元の板状に簡単に戻すことができる為に、回収や、繰り返し再使用ができる利便性を備えています。従って、再使用すればするほど、包装資材費を削減することができ、省資源化にも大きく貢献できます。
低発泡シート

低発泡PPシートの活用
低発泡PPシートの活用 液晶モジュールの集合包装に

段ボール

ダンボールと緩衝材の組み合わせ

ダンボールと緩衝材の組み合わせ 画像

 

 

各種素材の特徴を生かして、資源の使用量削減に努力します。

 

 

 

 

 

 

各種ダンボールによる緩衝設計

宙吊り包装

Korrvu(コービュー)

お客様の梱包ニーズにお応え致します

コービュー®パッケージングは、強力で弾力性のある滑りにくいフィルムで 製品を安全に包み込み衝撃や振動から製品を保護する革新的なパッケージです。

コービュー

  • 改革性
    採算性が良く、使い易いデザインは、お客様独自の梱包ニーズに明確にお応えできるように設計されています。
  • 比類の無い製品保護
    製品を輸送用の箱の中心に安全な状態で維持します。この技術により製品を衝撃から守ります。
  • ショーケースのようなデザイン
    透明なフィルムを使用しているので、中の製品を外部から確認できます。この梱包方法は、製品を安全に輸送するという役割と製品を効果的にアピールするという両方の役割を果たします。
  • 幅広い適応性
    弾力のあるフィルムは様々な形状に適応します。どのデザインも類似した何種類かの製品に利用することが出来るため梱包資材の点数を減らすことができます。
  • 保管場所を縮小
    平らに重ねることが出来るため保管場所をあまり必要としません。また特別な装置は不要です。
  • 環境に優しい
    30%以上の再生紙を使用しており、段ボールとして回収され紙パルプとしてリサイクルされます。
主にこんなものを梱包します

精密機器、医療機器、工業用部品、日用品、OA機器類など様々な分野で使用されています。

エアーを利用した包装

ハイパーテックジャパンのAirCarry

使用画像2

 

引張りにも、非常に強い素材ですので、気温の上昇時や空輸時にも膨張しすぎることがありません。

詳細は新環境商品の紹介のページでご紹介しております

↑ページ上部へ